スポーツジムの受付バイトについて詳しくご紹介!自分のためにもなる素敵なバイト!

『スポーツジムの受付バイトとはどのような事をするのだろう』『キツイ仕事なのではないか』と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのため、今回はスポーツジムの受付バイトに関する時給や、仕事内容、勤務時間などについて、具体的にご紹介していきたいと思います。もともと興味がある方、面接を考えている方、どのような仕事内容なのか気になっている方にとって参考になれば幸いです。

スポーツジムの受付バイトはどのような人に向いているのか?!

受付はお客さんや利用者さんが一番最初に足を運ぶ場所になります。つまり、受付の方の印象によって、『これからもここに通いたい』『また来てみたい』という感情が左右されます。こうした事からも、「人と関わる事が好き」「明るく元気」「笑顔で対応できる」「ハキハキ話せる」といった点をクリアできる方には向いているバイトだと思います。

対応している時だけでなく、常に気を抜かず周囲に気を配れることも大切です。スポーツジムには危険もたくさん潜んでいます。例えば、マシンで怪我をしてしまったり、プールで足を滑らせたり水の中で足を攣ってしまったりということも起こる可能性はいつだってあります。

そうした事からも、自分の仕事を行いながらも周囲の危険や異変に気付けるよう気を配れる人はよりスポーツジムで働くスタッフ一員として必要な人材になるといえます。また、スポーツジムは運動する場所なので、お客さん自身のやる気や根気を引き出すような言葉がけをしたり、運動後にはすっきりとした気分でお帰りいただけるような対応を心がけることも必要です。

そうしたコミュニケーションを自ら取れる方はより向いていると言えます。

時給はどのくらい?勤務時間帯で時給が上がる?!

受付バイトの時給は、大体800円から950円といったところが多いです。勤務地域やスポーツジムの規模にもより多少変わってきますが、おおよそそのあたりです。

働く先によっては、試用期間後や経験年数に応じて昇給するところもあります。スポーツジムは、仕事帰りや学校の終わりの時間に通う人が多いため、日中に利用される方よりも夜間に利用される方のほうが多い傾向にあります。

そのため、夜間は23時頃まで営業していたり、24時間営業しているジムも少なくありません。こうした深夜の時間帯は時給を高くしているジムが多いです。

また、仕事休みや学校休みといった休日は特に利用する方が多いため、土日は時給設定を高くしているスポーツジムも多いです。

ジム・マシン・プール等の受付バイトが担う仕事内容について

ジムやマシンの受付バイトは、利用される方のカルテ管理や日程調整などを行います。専属のトレーナーの指導を受けている方であれば、利用者さんの日程確認のもと、次回の予約をとっておく必要もあります。また、必要な物品の貸し出しや点検・消毒なども行います。

転倒や事故などのリスクを考え、床が汚れていないか、汗で滑りやすくなっていないか、具合が悪そうな人はいないか、空調は快適に保たれているかなどを、チェックすることも大事です。プールの受付バイトは、ジムやマシンでの受付同様、カルテ管理や日程調整などを行います。

また、水質管理や空調管理を行ったり、清掃作業をしたりもします。受付業務を行いながらも、周囲を見渡し異変がないか、快適に運動できる環境にあるかといったことに目を向けることが重要になってきます。また、スポーツジムの総合受付のような、出入り口に設けられた受付の場合は、館内の案内や新規の利用者さんの会員登録を行ったりもします。

一日だけの利用や回数券を使っての利用の方などもいるため、そういった方々に合わせて対応を行います。

受付バイトの服装や髪型について

スポーツジムによって服装や髪型の自由度は異なるところが多いですが、基本的には清潔感のある動きやすい格好が適しているといえます。髪は縛っておく・装飾品は外す・ネイルはしない・あまり派手な化粧や髪色にはしない方が良いでしょうが、特に細かい制限というものはないです。

ただし、すっぴんは控えておいた方が良いでしょう。服装に関しては、専用のポロシャツやジャケットを着たり、ズボンは黒、シャツは白などと決まっているところもありますが、それらは私服の中で適するものを着用すれば問題ないでしょう。

医療費控除の対象になるスポーツジムとその条件

面接で採用されるために気を付けること

基本的には「明るくハキハキと話せる」「相手の目を見て笑顔で応対できる」ということが何よりも重要です。これから運動する方が気持ちよくスタートをきれるように、そして、通い続けられるように、受付は常に明るく元気に利用者さんと接することが必要になります。

面接時はそうした事を意識してアピールしましょう。また、ジムに通ったことがない人や運動を日頃から行っていなかったとしても、それはあまり採用の結果には影響しないと思います。ただし、バイトで働きながら徐々にマシン類の扱い方を覚えたり、運動や筋力トレーニングに伴い身体の傷めやすい部位や効率的な運動方法などを独自で勉強しておくということは多少必要になってくると思います。

もちろんジムにはその人の健康状態や身体の状態をみて、トレーニングをサポートしてくれるトレーナーはいますが、やはり自分自身ある程度知識を身につけておいた方が何か問題が生じたときに臨機応変に対応できます。

スポーツジムの受付バイトをやって得られることはたくさんある!

スポーツジムを利用する方は老若男女問わず、様々な方が利用されます。日中は特に高齢の方々が利用する場合が多く、夕方から夜間にかけては若い方々が多く利用されます。生活スタイルによって利用者さんの利用時間が違ったり、健康維持・リハビリ・体格強化など、利用目的も異なります。

基本的に受付は前述したとおり、明るく元気にハキハキと話すといったことが重要になりますが、高齢の方と若い方との接し方でも若干関わり方は変わってきます。そのため、言葉遣いはもちろん、声のトーンや速さに注意することが大切です。

特に高齢の方には、大切な注意事項やお伝えしたい事は失礼にならないように重複して声掛けしておくといった配慮も必要です。このように様々な方との触れ合いを通して、コミュニケーションスキルを磨いたり、加齢に伴う身体の変化を知ったりということは、自分自身にとって勉強になることも多いと思います。

また、様々な目的のもとに頑張る利用者さんをみて、自分自身の健康を改めたり運動を始めるきっかけになることも期待できます。

スポーツジムによっては、スタッフは通常料金よりも割引でジムやマシン・プールを利用できるというサービスを受けられるところもあります。こうしたことからも、スポーツジムでの受付バイトを通して得られることは数多くあるといえます。